もらっとけ

>>>あなたのサイトのお手伝い「もらっとけ」

相続には税金がかかります

相続とは、財産、権利、義務を他の人が継承することを言います。
死亡を原因として行うことが多かったのですが、現在では生前贈与という、死亡を原因としないものもあります。
うちの家族は仲がいいから、相続争いなんて想像もつかないとといっていた人が、まさに争いの渦中にいるということも珍しくありません。
そして、これらを継承するにあたっては税金がかかることも忘れてはなりません。
課税価格の計算も、税金の計算もきちんとした計算式があります。
税改正法により、いくどとなく最高税率や、贈与税の税率の変更が行われてきましたが、平成27年以降は6億円を超える金額について、最高税率が55パーセントとなりました。
相続に関する話しは、いざその時が来てから出ないと、実感もわかないうえ、話を切り出しにくいという心情も働くことと思います。
しかし、今まで仲の良かった家族が、バラバラになったり、憎しみ合ったりしないようにするためにも早めに準備をしておくのもいいのではないでしょうか。

相続した財産には税金がかかります

生活していると税金を払うことも多くあります。
買い物をした時だけではなく、固定資産税や自動車税など、物を所有しているだけでも課税されますが、相続税もその一つです。
親や兄弟などが死亡した時に、その人の財産や負債を引き継ぐことが相続ですが、一定額以上の財産に対しては税金を払う義務が生じます。
その計算方法も複雑ですが、実際に財産がどれくらいあるのか計算するのも素人には困難です。
現金や預貯金は数えればわかりますが、家や土地などの不動産、株や債券などの金額を確定するためには、専門知識で評価する必要があります。
税金を含めた会計の専門資格にはいくつかありますが、個人で利用する機会は余りありません。
税理士などとは普段はお付き合いがないでしょうから、依頼するには敷居が高いですが、相続税を間違いなく納めるためには専門家の知識を借りる必要があります。
司法書士や行政書士など他の士業の先生でも相談に乗ってもらえます。


TOPへ△

Copyright(C) 2015 もらっとけAll rights reserved.