もらっとけ

>>>あなたのサイトのお手伝い「もらっとけ」

土地や建物といった不動産は相続税対策に有効です

2015年から、相続税の基礎控除が引き下げられました。
改正前では「5000万円+(1000万円×財産を継承する人の数)」という式で計算されていましたが、現在では「3000万円+(600万円×財産を継承する人の数)」という式で計算されることになり、基礎控除額は大きく縮小されることになりました。
なお相続財産額が基礎控除額を上回らない場合は、税金を支払う義務は発生しません。
ですが、基礎控除が引き下げられたため、今までは財産の継承に税金を払う義務がないことが多かった中流層の間でも、課税される割合が格段に増すことになりました。
その結果、税金について気にかけること少なかった人でも、対策を講じることが必要になりました。
その方策の一つとして、土地や建物などの不動産は有効です。
なぜなら、不動産は金融財産よりも低く評価されるからです。
たとえば、有価証券の場合は時価がそのまま評価額になることが多いですが、不動産の場合は時価の3割程で済みます。
したがって、税金対策のために不動産投資を行うことは大きなメリットがあると言えます。

土地を相続する場合には手続きとは

土地を相続した場合には登記が必要なので早期に行うことが大事になります。
書類の作成や手続きの方法が分からない場合には法律の専門家に相談をするのも良いでしょう。
司法書士などに依頼をすれば、相続の複雑な問題もスムーズに解決することが可能になっています。
名義の変更などは複雑で手間も掛かるので司法書士の力を借りることが大事です。
期間は存在しないですが、長い間放置をしておくと必要な書類を集めるのに時間が掛かったり面倒な手間になるので、土地を相続した場合には迅速に対応をすると良いといえます。
遺産分割の協議が終わっていない場合には、それらの手続きも進めていきます。
依頼をする際の費用は事務所によって異なるので相談の段階で事前に説明を受けておくと安心です。
忙しくて時間が取れないような場合でも、豊富な知識を持つ専門家に依頼をすることで短期間で手続きも済ませられます。
土地を売却したりする場合にも登記は不可欠なので依頼するメリットは大きいです。


TOPへ△

Copyright(C) 2015 もらっとけAll rights reserved.