もらっとけ

>>>あなたのサイトのお手伝い「もらっとけ」

兄弟の相続分はどの程度もらえるのか

家族が亡くなり遺産があり、それを分ける時には、誰しも喧嘩やもめごとは避けたいものです。
遺言書があれば、その遺言に従われるのですが、遺言がない場合には、相続という形で、家族に遺産が分けられます。
民法で法定相続がしっかり定められており、配偶者しか家族がいない場合はすべて配偶者に遺産が与えられます。
配偶者と子供がいる場合には、配偶者と子供で半分ずつ遺産が与えられます。
子供が3人いた場合には、配偶者は2分の1、子供は2分の1を3人で分ける形となるのです。
子供がいない場合で、直系尊属つまり、親等がいる場合には、配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1という形になります。
子供や直系尊属がいない場合には、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1という形になります。
兄弟姉妹が4人いた場合には、4分の1を4人で分ける形になるのです。
これは、民法という法律で定まっていますが、これがあることでトラブルになることを防いでいるのです。
お金の問題は縁が切れるほどの繊細な問題なのです。

相続のとき兄弟が争わないようにするためには

兄弟は他人の始まりという話を聞いたことはないでしょうか。
同じ血を分けた兄弟でも利害が絡んでくると他人となって争うことがあることのたとえですが、一番如実に表れるのは相続時ではないでしょうか。
相続は基本的には人数に応じて同じ分だけ配分されることになりますが、現物を分けるのが難しいもの、例えば、土地は一人が相続し、売却して現金を分ける、または一人が土地を受け取り、各々の取り分を現金で渡すという方法を取ることが多いです。
ここで問題になるのは、みんなが納得すれば良いのですが、納得しない人がいると、話も進まず、手続きも進まず、人間関係も壊れてしまうことです。
これを防ぐにはどうしたらよいでしょうか。
それは財産の多少に関らず、遺言書を作成して遺志を伝えることです。
出来れば公正証書遺言書が望ましいでしょう。
手数料がかかりますが、死後の争いを防ぐことに有効だと考えれば決して高くはありません。
遺言書を紛失する心配もありませんし、遺言書の真偽もはっきりします。

check

最終更新日:2015/7/6


TOPへ△

Copyright(C) 2015 もらっとけAll rights reserved.