もらっとけ

>>>あなたのサイトのお手伝い「もらっとけ」

相続税対策はアパート経営が効果的です

相続税の負担を軽減するために有効な手段は、資産のほかに、負債を持つことです。
遊休地があればアパートを建設して、大家さんになるのが効果的です。
アパートローンを利用すれば、土地・建物の評価額に近い負債が発生しますので、財産額の軽減に役立ちます。
借り入れの比率をどの程度にすればよいかが課題になりますが、資産から負債を引いた財産の合計が、税金の非課税枠の範囲内になるようしておけば、節税になります。
アパートをはじめとする不動産は、相続人で共有して所有すると、賃料などの収益分配で揉めるケースが出てきますので、遺産分割協議をどのようにするか、生前に決めておくと安心です。
不動産には、固定資産税などの維持費がかかりますので、将来的なキャッシュフローを試算して、収益が出るようなプランを描くことが重要です。
ライフプランに関しては、建設を成約させたいと目論んでいる不動者業者に相談するのではなく、フィナンシャルプランナーなどのプロに相談すれば、事業計画が適正か否かが判断できます。

アパート相続事情を知って対策を

アパートを相続する際は、今後も経営を続けて行くケースと、売却して現金に換えるケースの2つの選択肢があります。
経営を続ける場合は、個人または共同経営することになりますが、手続きや今後の経営をスムーズに行うためにも、単独名義での所有者変更を推奨している専門家が多いと言われています。
住民には賃貸人が変更されたことを知らせておくと、住民との良好な関係維持に役立ちます。
一方、売却の場合でも、一旦相続人の名義に変更して、売却手続きができる状態にする必要があります。
信頼できる不動産業者に相談して、アパートの価値を適正に判断してもらい、買手を確実に見つけることが大切です。
不動産を活用した相続税の負担を軽減策として、生前に所有している空き地にアパートを建てる方も多いです。
土地をそのままにしておくよりも土地の評価額が2割程安くなり、土地だけではなく建物自体の評価額も、建築費用を考慮すると低くなるため、大幅に課税対象額を下げることができます。


TOPへ△

Copyright(C) 2015 もらっとけAll rights reserved.